緊急災害募金(東日本大震災)

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Sponsored Link


Sponsored Link 2

楽天ウィジェット

ランダム リラックマ グッズ


  • Powerd by fun9.net

iTunes Store

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - あこがれのリラックマ生活

ジオターゲティング

リラックマ占い


  • 性別
    リラックマ占いユーモア占い

Track word

アクセス解析


Page Rank


  • Google Page Rank Checker

2016年4月29日

八雲町木彫り熊資料館

Kibori002
昨年末に某大物タレントが某番組でどうしたこうしたと騒ぎになった番組でこの資料館が簡単に紹介されており、行きたくなったので連休を利用して行ってきました。

テレビの影響で来館者がけっこういるのでは?という予想とは裏腹に到着した時は、誰もいなく、観覧中に後から3組位の観覧者が来ただけでゆっくり観覧することができました。

木彫り熊というと、アイヌの方の民芸品と思われている方が少なくないと思いますが、八雲町に入植した旧尾張徳川家の冬期間の副業として作り始めたのが発祥なのです。アイヌの民芸品のイメージは、昭和30年40年代の北海道観光ブームが影響しているようです。八雲の木彫り熊作家が旭川のアイヌに木彫り熊の評価を聞きに行き、それから旭川でも作られるようになったそうです。
資料館で初めて知ったのですが、鮭を咥えた木彫り熊は旭川が初めだそうです。八雲の木彫り熊は基本的に咥えていないそうです。木彫り熊というと鮭を咥えた熊というのがイメージだったけど、崩れてしまいました(^_^;)

資料館は入館無料で、入り口に置いてあるパンフレットとスタンプです。このパンフレット実は仕掛けがあって......
Kibori005
実は裏の写真が毛彫りと面彫り2種類あるのです。
Kibori004
写真下部に写っている「北海道木彫り熊の考察」は、資料館の後に行った噴火湾パノラマパークで購入した写真集です。ちょっと購入を躊躇うお値段なのですが、木彫り熊より一桁も二桁も安いので、自分のご褒美に買っちゃいました(^_^;)

資料館の直ぐ側には、木彫り熊発祥地の記念碑もあります。
Kibori001
また、八雲町は木彫り熊で町おこしも考えているようで、商店街の街灯に付けれていた旗も熊でした。
Kibori003

今回、八雲町木彫り熊資料館を訪れて、もう一つ新たに知ったことがありました。
それは、アイヌ語が由来の地名が多い北海道で八雲とう町名は、違うということです。どんな由来かは、八雲町木彫り熊資料館で確かめてください。なお、館内は撮影禁止なので注意してください。また、展示品を守るため温度と湿度の管理にとても気を使われている資料館でした。

八雲町木彫り熊資料館

 




2016年1月 7日

やり過ごしを目論むエゾリス

枝を走るエゾリス
Ezorisu355

こちらの存在に気が付きました。
Ezorisu356

体を丸めて、やり過ごそうとしています
Ezorisu357





今年、初更新だ。ずいぶん間が空いてしまったなぁ(^_^;)
今年もよろしく(*^_^*)





2015年10月19日

アグレッシブ リラ

Lila002  

昨日(10/18)のリラは、アグレッシブに何度もララに挑んでいきました。

Lila003

簡単に負けるですけど
Lila004

何度も何度もララに挑戦してました。
Lila005 

Lila006

そしてついに、ララをプールに突き落としてしまいました。
Lila007 

2015年9月22日

兎人になりたい KUMa

長年の憧れだった、うさぎ島と呼ばれる大久野島に行ってきました。

大久野島へは、忠海港から船で渡るのが一般的というかそれしかなかったのですが、今回シルバーウィーク限定で企画された竹原港から大久野島へ渡る往復高速船パックが販売されたので、初めて訪れるということもあり、それを利用しました。(左に写っている船が大久野島へ渡る高速船ではありません(^_^;))

Usa20  

20分ほどで、待ちに待った大久野島に着きました。
Usa21

 

島で初めて会ったうさぎ達。
始発便とはいえ9時半を過ぎており、日がかなり高くなっていたので予想通り日影にいた。
Usa18  

使っているかどうかは別として巣と思われる穴も発見
Usa22

斜面を走る。
囲いも何も無いところ走る姿は、新鮮
Usa23

野生とはいえ、人に慣れているうさぎが多いので、こんなアップも割と簡単に撮れました。
Usa24

双子と思っていたら三つ子のようでした。
Usa25  

Usa26

遊歩道で寝そべるうさぎ。
うさぎが主の大久野島。いたる所でこんな姿を見ることができました。これから行く人は、気を付けてね。
Usa28

夕日の丘の木陰で休む二羽
たぶん、地べたに伏せて体温を下げているのでしょう。
Usa30  

二羽占め
Usa31

うさぎは、もともと涼しい時間帯に活動する動物なので、日影で休んでいるうさぎが多く、餌に群がるうさぎ達や芝生いっぱに広がるうさぎ達を見ることができませんでしたが、存分に楽しむことができました。

次は、大久野島唯一の宿泊施設である休暇村に泊まろうと思いました。

なお、なぜうさぎ島と呼ばれるようになったか?とか、かっては地図から消された島だったという話は、検索してみてください。いっぱい見つかります。ただ、2度と地図から消されることが起きませんように願うばかりです。



2015年8月11日

30000人の写真展 旭川会場に行ってきました

Photois28

初めて参加したときと比べるのと、完全に手抜きのエントリーとなっておりますが、今年も30000人の写真展に応募、そして旭川会場に行ってきました。

そして、お約束、旭山動物園にも行ってきました。

旭川会場に出展したモデルのイワンさん、作品と同じような恰好でモグモグタイムを待っているようでした。
Photois29

いつものように、札幌会場にも出展します。モデルは、キャンディさんです。


2015年5月10日

びっくりした~

プールに入るかとカメラを構えていたら、
Newtibi017

5月8日に設置されたという電気柵の方へ

あーー アースに触ると・・・・・・
Newtibi018

Newtibi019

やっちやいました(>_<)
Newtibi020

これまで聞いたことの無い声を上げて、驚いてました。母親のララも、プールから顔を出し、慌てて上がってきました。(ララもパニックになって、プールに飛び込んだらしいです。)
Newtibi021  

Newtibi022  

少し、落ちつた親子
「お母さん、びっくりしたよ〜」、「気をつけなさいね。」と、会話しているよう。
Newtibi023

ブログやツイッターを見ていると、この日は2回電気柵に触ったようで、σ(・_・)が見たのは2回目のようです。この後モートへ下りてしまい、暫くして上がってきたもののバックヤードに入ってたまに顔を出す程度になってしまいました。

Newtibi24

 

2015年5月 6日

嵐山公園2

エゾリスは、日の出とともに活動を始めるという説を信じて、昨日(5/3)より早く嵐山公園に行きました。

と、言っても1時間ほど早いだけで、日の出(4時台)から2時間位経っています(^_^;)

昨日、会った場所を中心に展望台まで登って下りてきましたが、会うことができませんでした。ちなみに、展望台ではヘビに会いました。

北邦野草園を回ってから帰ろうということになり、「これで、昨日会ってなかったらガッカリだよねぇ~。」などと話していたら遠くでクルミを食べるエゾリス発見。暫く観察して振り向いた所を一枚。遠い(^_^;)
Ezorisu321 

野草園の入り口方向に向かって移動していきました。やっぱり、遠い
Ezorisu322  

野草園の入り口付近で。クルミを咥えています。かなり近い
Ezorisu323  

ピントが甘いか(^_^;)
Ezorisu324  

この日の中では、1番かな
Ezorisu325

2日に渡り嵐山公園に行って感じたことは、ヒマワリの種を見なかったことです。
円山だったら絶対ヒマワリの種が置いてあると思われる倒木でも見ることはありませんでした。もちろん人間が故意に置いたと思われるクルミも見ませんでした。クルミの食痕が沢山散らばっていると思った遊歩道の脇には大きなオニグルミの木がありました。

餌を求めて寄ってくる訳でもなく、むしろ人間を避けているようにも感じましたが、2日とも存分に遊んでもらえました。

 

嵐山公園1

Arashi01

 

旭川の嵐山は、明治時代に開拓使が視察の際に京都の嵐山に似ているから名付けられたそうです。旭川市内を走っていても主要な箇所に「北の嵐山」という看板が立っています。

さて、嵐山公園の目的は北邦野草園でも、アイヌ文化の森・伝承のコタン資料館でもありません。「エゾリスの不思議」 の主な撮影地が嵐山公園ということなので、エゾリスに会いに行ってきました。なお、北邦野草園は数年前に別な目的で旭川を訪れた際に半ば衝動的に行ったことがあり、けっこうきつい山にある園だったという記憶だけが残っています。

エゾリスの不思議 や他の人のブログでは、資料館の周辺で会えそうだという情報を得てはいたのですが、到着した時には他に写真を写している人も無く、とりあえず展望台(山頂?)まで登ってみるかと歩き出したときにファースト コンタクトすることができました。
Ezorisu316

 この後、3~4個体に遊んでもらいました。

Ezorisu317  

Ezorisu318 

Ezorisu319   

展望台から望む旭川市内。登る途中でクルミなどの食痕を多数発見しました。
Arashi03

チャシコツという見張り台まで行ってみました。ここまで来る途中で1個体を見たのですが、とっさの事で、上手く写せず(^_^;)
Arashi02

チャシコツから資料館に戻る途中で、行く時に見たと思われる個体と再開することができました。
Ezorisu320

嵐山公園2に続く

2015年5月 5日

ピリカのおねだり,ルルのおねだり

プール側のモグモグ タイムが終わって、ドーム側が賑やかだな思ったら、写真の様にピリカとルルにも餌を与えていました。
Ruru01  

ピリカは、立ち上がって積極的に
Pirika076

年上のルルは、落ち着いて
Ruru02

 

おねだりしていました。

ドーム側の給餌を初めて見ました。プール側のモグモグ タイムの後にいつも行っていたのかもしれませんが、これから気をつけようっと(^_^;)


イワンとサツキの距離感

Satuko37

久しぶりに訪れた旭山動物園。こんな掲示もあり、イワンとサツキが同居生活をしていましたが・・・・・
Iwan09

お昼少し前、サツキはプールでゆったりと泳いでいました。
Satuko36

Satuko38

午後のモグモグ タイムの少し前に再びホッキョクグマ館を訪れると、イワンがモグモグ タイムの餌は誰にも渡さんと言わんばかりにプールの前を陣取っていました。
Iwan05

そして、モグモグ タイムが始まると、プールの中を縦横無尽に泳いで餌を捕っていました。
Iwan06

Iwan07

モグモグ タイムの見物客の入れ替えが終わると、プールに飛び込むという、客の喜ぶツボをおさえた行動をするイワン
Iwan08

その時サツキは、滝壺に入って餌をなかなか貰えないイライラをクール ダウン?(滝壺めがけて餌を挙げていたのかも)
Satuko39

モグモグ タイムが終わって落ち着くと

Satuko40
微妙な距離感を保ってお互いに常同行動。

イワンが近づく気配を感じたのか、プールサイドに逃げ込んだ、サツキ
Satuko42

不意に近づきすぎてしまのか、威嚇しあうイワンとサツキ
Satuko41

2頭を観察していると、イワンの様子をうかがってイワンを避けようとしているサツキとマイペースのイワンという印象でした。

はたして、イワンとサツキの恋は実るのでしょうか?


 

«泳いだようですが・・・・・

National Geographic photo of the day

KUMa_jam Twitpic

KUMaのアルバム

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

.