緊急災害募金(東日本大震災)

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Sponsored Link


Sponsored Link 2

楽天ウィジェット

ランダム リラックマ グッズ


  • Powerd by fun9.net

iTunes Store

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - あこがれのリラックマ生活

ジオターゲティング

リラックマ占い


  • 性別
    リラックマ占いユーモア占い

Track word

アクセス解析


Page Rank


  • Google Page Rank Checker

« office2007! あれはどこへ行った? | トップページ | 春のリラックマフェア »

2008年2月27日

パソコンでスクラップ Ript

Ript

DesignWorksさんのブログで紹介されたRiptはWeb上の写真や記事をドラッグ&ドロップで簡単にスクラップブックが作ることができるフリーソフトです。憎い事にスクラップした記事の端が紙を破ったような形になっていて、台紙に切り抜いた記事を貼り付けたような感じに仕上がるおしゃれなソフトです。

英語のソフトですが、日本語の記事も貼ることができますし、テキストの入力も可能です。

上の写真はRiptで作成(Ript独自形式の他JPG形式でも保存できる)したもので半分より右側は、2月9日にエントリーした「ほっきょくぐまのフィギュア」の写真と記事を貼りました。

左下の北極熊の写真はハードディスクに保存されている旭山動物園の北極熊イワンの写真で、その写真の左の数値「1,794」はExcelからのドラッグ&ドロップ、その上の「1,088」はExcelの数式が入っているセルをドラッグ&ドロッ プしたらそのときの答えの数値が貼られました。Excelでいうところの「形式を選択して貼り付け」の「値」と同じような動きになりました。このようにWeb上だけでなくパソコン内の写真やテキストもスクラップすることができます。(ExcelのグラフやWordに挿入した画像はできませんでした。)

左上の「北極熊イワン」はRiptのテキスト入力の機能で入力した文字で全角も使えます。

新聞や雑誌から切り抜いた記事に簡単なメモを書くことありますが、その機能も用意されていて、メモを入れたい記事を選択したときに表示される「i」というボタンをクリックするとその記事が裏返りメモを入力することができます。(下の写真)


Ript2

テキストのフォントを変更できたり、ラインマーカーのような機能があるともっと良いような気もしますが、簡単に画像とテキストがいっしょに保存でき操作がシンプルなので情報を収集する際のツールとして便利なソフトです。

Riptはこちらからダウンロードできます。


« office2007! あれはどこへ行った? | トップページ | 春のリラックマフェア »

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149007/40283214

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンでスクラップ Ript:

« office2007! あれはどこへ行った? | トップページ | 春のリラックマフェア »

National Geographic photo of the day

KUMa_jam Twitpic

KUMaのアルバム

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

.