緊急災害募金(東日本大震災)

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Sponsored Link


Sponsored Link 2

楽天ウィジェット

ランダム リラックマ グッズ


  • Powerd by fun9.net

iTunes Store

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - あこがれのリラックマ生活

ジオターゲティング

リラックマ占い


  • 性別
    リラックマ占いユーモア占い

Track word

アクセス解析


Page Rank


  • Google Page Rank Checker

« 2016年1月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年4月29日

八雲町木彫り熊資料館

Kibori002
昨年末に某大物タレントが某番組でどうしたこうしたと騒ぎになった番組でこの資料館が簡単に紹介されており、行きたくなったので連休を利用して行ってきました。

テレビの影響で来館者がけっこういるのでは?という予想とは裏腹に到着した時は、誰もいなく、観覧中に後から3組位の観覧者が来ただけでゆっくり観覧することができました。

木彫り熊というと、アイヌの方の民芸品と思われている方が少なくないと思いますが、八雲町に入植した旧尾張徳川家の冬期間の副業として作り始めたのが発祥なのです。アイヌの民芸品のイメージは、昭和30年40年代の北海道観光ブームが影響しているようです。八雲の木彫り熊作家が旭川のアイヌに木彫り熊の評価を聞きに行き、それから旭川でも作られるようになったそうです。
資料館で初めて知ったのですが、鮭を咥えた木彫り熊は旭川が初めだそうです。八雲の木彫り熊は基本的に咥えていないそうです。木彫り熊というと鮭を咥えた熊というのがイメージだったけど、崩れてしまいました(^_^;)

資料館は入館無料で、入り口に置いてあるパンフレットとスタンプです。このパンフレット実は仕掛けがあって......
Kibori005
実は裏の写真が毛彫りと面彫り2種類あるのです。
Kibori004
写真下部に写っている「北海道木彫り熊の考察」は、資料館の後に行った噴火湾パノラマパークで購入した写真集です。ちょっと購入を躊躇うお値段なのですが、木彫り熊より一桁も二桁も安いので、自分のご褒美に買っちゃいました(^_^;)

資料館の直ぐ側には、木彫り熊発祥地の記念碑もあります。
Kibori001
また、八雲町は木彫り熊で町おこしも考えているようで、商店街の街灯に付けれていた旗も熊でした。
Kibori003

今回、八雲町木彫り熊資料館を訪れて、もう一つ新たに知ったことがありました。
それは、アイヌ語が由来の地名が多い北海道で八雲とう町名は、違うということです。どんな由来かは、八雲町木彫り熊資料館で確かめてください。なお、館内は撮影禁止なので注意してください。また、展示品を守るため温度と湿度の管理にとても気を使われている資料館でした。

八雲町木彫り熊資料館

 




« 2016年1月 | トップページ | 2017年2月 »

National Geographic photo of the day

KUMa_jam Twitpic

KUMaのアルバム

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

.