緊急災害募金(東日本大震災)

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Sponsored Link


Sponsored Link 2

楽天ウィジェット

ランダム リラックマ グッズ


  • Powerd by fun9.net

iTunes Store

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - あこがれのリラックマ生活

ジオターゲティング

リラックマ占い


  • 性別
    リラックマ占いユーモア占い

Track word

アクセス解析


Page Rank


  • Google Page Rank Checker

2017年2月15日

雪あかりの動物園

1年半ぶりに旭山動物園に行ったら、偶然やっていた(^_^;)

Youzou01
残業中のトンコ
トンコの名前の由来を動物ガイドで知りました。
中頓別で駆除されたヒグマといっしょにいた子熊だったとのこと。
当時、母親と同じ運命を辿る可能性もあったが、ハンターから旭山動物園に連絡があり、引取られ中頓別のトンと子熊でトンコとなったそうです。
Tonko02  
Tonko03

プール側で常道行動のイワン
近くまで来るので迫力があるけど、ピントが合いにくい(^_^;)
Iwan10  

ちょっと分かりにくいけど、ルルとピリカ
Rurupiri


2016年4月29日

八雲町木彫り熊資料館

Kibori002
昨年末に某大物タレントが某番組でどうしたこうしたと騒ぎになった番組でこの資料館が簡単に紹介されており、行きたくなったので連休を利用して行ってきました。

テレビの影響で来館者がけっこういるのでは?という予想とは裏腹に到着した時は、誰もいなく、観覧中に後から3組位の観覧者が来ただけでゆっくり観覧することができました。

木彫り熊というと、アイヌの方の民芸品と思われている方が少なくないと思いますが、八雲町に入植した旧尾張徳川家の冬期間の副業として作り始めたのが発祥なのです。アイヌの民芸品のイメージは、昭和30年40年代の北海道観光ブームが影響しているようです。八雲の木彫り熊作家が旭川のアイヌに木彫り熊の評価を聞きに行き、それから旭川でも作られるようになったそうです。
資料館で初めて知ったのですが、鮭を咥えた木彫り熊は旭川が初めだそうです。八雲の木彫り熊は基本的に咥えていないそうです。木彫り熊というと鮭を咥えた熊というのがイメージだったけど、崩れてしまいました(^_^;)

資料館は入館無料で、入り口に置いてあるパンフレットとスタンプです。このパンフレット実は仕掛けがあって......
Kibori005
実は裏の写真が毛彫りと面彫り2種類あるのです。
Kibori004
写真下部に写っている「北海道木彫り熊の考察」は、資料館の後に行った噴火湾パノラマパークで購入した写真集です。ちょっと購入を躊躇うお値段なのですが、木彫り熊より一桁も二桁も安いので、自分のご褒美に買っちゃいました(^_^;)

資料館の直ぐ側には、木彫り熊発祥地の記念碑もあります。
Kibori001
また、八雲町は木彫り熊で町おこしも考えているようで、商店街の街灯に付けれていた旗も熊でした。
Kibori003

今回、八雲町木彫り熊資料館を訪れて、もう一つ新たに知ったことがありました。
それは、アイヌ語が由来の地名が多い北海道で八雲とう町名は、違うということです。どんな由来かは、八雲町木彫り熊資料館で確かめてください。なお、館内は撮影禁止なので注意してください。また、展示品を守るため温度と湿度の管理にとても気を使われている資料館でした。

八雲町木彫り熊資料館

 




2015年10月19日

アグレッシブ リラ

Lila002  

昨日(10/18)のリラは、アグレッシブに何度もララに挑んでいきました。

Lila003

簡単に負けるですけど
Lila004

何度も何度もララに挑戦してました。
Lila005 

Lila006

そしてついに、ララをプールに突き落としてしまいました。
Lila007 

2015年8月11日

30000人の写真展 旭川会場に行ってきました

Photois28

初めて参加したときと比べるのと、完全に手抜きのエントリーとなっておりますが、今年も30000人の写真展に応募、そして旭川会場に行ってきました。

そして、お約束、旭山動物園にも行ってきました。

旭川会場に出展したモデルのイワンさん、作品と同じような恰好でモグモグタイムを待っているようでした。
Photois29

いつものように、札幌会場にも出展します。モデルは、キャンディさんです。


2015年5月10日

びっくりした~

プールに入るかとカメラを構えていたら、
Newtibi017

5月8日に設置されたという電気柵の方へ

あーー アースに触ると・・・・・・
Newtibi018

Newtibi019

やっちやいました(>_<)
Newtibi020

これまで聞いたことの無い声を上げて、驚いてました。母親のララも、プールから顔を出し、慌てて上がってきました。(ララもパニックになって、プールに飛び込んだらしいです。)
Newtibi021  

Newtibi022  

少し、落ちつた親子
「お母さん、びっくりしたよ〜」、「気をつけなさいね。」と、会話しているよう。
Newtibi023

ブログやツイッターを見ていると、この日は2回電気柵に触ったようで、σ(・_・)が見たのは2回目のようです。この後モートへ下りてしまい、暫くして上がってきたもののバックヤードに入ってたまに顔を出す程度になってしまいました。

Newtibi24

 

2015年5月 5日

ピリカのおねだり,ルルのおねだり

プール側のモグモグ タイムが終わって、ドーム側が賑やかだな思ったら、写真の様にピリカとルルにも餌を与えていました。
Ruru01  

ピリカは、立ち上がって積極的に
Pirika076

年上のルルは、落ち着いて
Ruru02

 

おねだりしていました。

ドーム側の給餌を初めて見ました。プール側のモグモグ タイムの後にいつも行っていたのかもしれませんが、これから気をつけようっと(^_^;)


イワンとサツキの距離感

Satuko37

久しぶりに訪れた旭山動物園。こんな掲示もあり、イワンとサツキが同居生活をしていましたが・・・・・
Iwan09

お昼少し前、サツキはプールでゆったりと泳いでいました。
Satuko36

Satuko38

午後のモグモグ タイムの少し前に再びホッキョクグマ館を訪れると、イワンがモグモグ タイムの餌は誰にも渡さんと言わんばかりにプールの前を陣取っていました。
Iwan05

そして、モグモグ タイムが始まると、プールの中を縦横無尽に泳いで餌を捕っていました。
Iwan06

Iwan07

モグモグ タイムの見物客の入れ替えが終わると、プールに飛び込むという、客の喜ぶツボをおさえた行動をするイワン
Iwan08

その時サツキは、滝壺に入って餌をなかなか貰えないイライラをクール ダウン?(滝壺めがけて餌を挙げていたのかも)
Satuko39

モグモグ タイムが終わって落ち着くと

Satuko40
微妙な距離感を保ってお互いに常同行動。

イワンが近づく気配を感じたのか、プールサイドに逃げ込んだ、サツキ
Satuko42

不意に近づきすぎてしまのか、威嚇しあうイワンとサツキ
Satuko41

2頭を観察していると、イワンの様子をうかがってイワンを避けようとしているサツキとマイペースのイワンという印象でした。

はたして、イワンとサツキの恋は実るのでしょうか?


 

2015年4月30日

泳いだようですが・・・・・

見ていた限りでは、あと一歩が踏み出せないという感じでした。

腰が引けてます。Newtibi009

初めて水に触るような感じ、Newtibi010

やっぱり、腰が引けてます。Newtibi011

Newtibi013

コケたり(^_^;)Newtibi014

そして、開園時間の半分以上は、寝ていました。
Newtibi015

朝早くから働いていたようだから眠くものなるさ(-_-)

2015年4月25日

ゴマキ逝く

Gomaki06

2015年4月25日未明、ナマケグマのゴマキが永眠しました。

ゴマキは、日本国内で唯一飼育されていたナマケグマで、もちろん最年長の30歳でした。

飼育場の前には献花台が置かれていて、(σ(・_・)も含めて)何も知らず訪れた来園者が今日だと分かると、一様に驚いていました。

ナマケグマは、長い爪で木にぶら下がったり、シロアリを食べることからナマケモノに似た熊ということでナマケグマという名前が付いたそうです。円山動物園では、寝ていることが多かったので、その姿から連想する来園者が多いようでした。

さて、ゴマキさん、改めて振り返るとこのブログで単独に記事にした事は無いようで、twitterやyoutubeでの投稿が多かったようです。

その中で、1番のお気に入りは、この動画です。(どこかのポータルサイトのお勧め動画にも選ばれたようで、再生回数が跳ね上がりました(^_^;))

名前をいじったタイトルの

ゴマキさんが主役になった昨年の敬老の日のイベント

そして、これが最後に撮った動画になってしまいました。器用にブドウの皮を剥いて食べています。

献花台とゴマキさんが壊した箱
Gomaki14

最後にゴマキさんの撮ったのは、4月18日でした。
Gomaki12

合掌

2015年4月13日

いってらっしゃい イコロ

2008年12月9日に札幌円山動物園で双子で生まれ、その後おびひろ動物園に移動していたイコロが上野動物園のデアとの繁殖を目指すため今日(4月13日)おびひろ動物園を旅立ちました。

道内のファンのために4月11日にホッキョクグマ限定で冬季閉園中のおびひろ動物園が臨時開園されました。

で、その時の様子は・・・・・・

ありません(^_^;)訳あって行けませんでした。

円山動物園のしろくま人気を一気に引き上げたイコロとキロル。生まれた当時のメインカメラは、フィルムの一眼レフカメラでした。

一般公開間もなくに撮ったのもあるはずなのですが、2009年8月に撮ったイコ・キロとララ
Twins01

そして、今年の1月、帯広訪問直前にデジイチが故障してしまい、イコロを最後に撮ったのもフィルム一眼レフでした。なんか、不思議なことを感じますが、この時はまた来れると思ってアイラの方を多く撮ってました。こんなことになるんだったら、もっと撮っておけば良かった。
Ikoro23

イコロ、上野の暑さに負けずデアと仲良くなれよ!!

より以前の記事一覧

National Geographic photo of the day

KUMa_jam Twitpic

KUMaのアルバム

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

.